ライフをハックした

ライフハックをしている.

 

というと聞こえはいいんだけど,

やってるのはめちゃくちゃ単純で,

AppleWatchで睡眠のログをとること,

業務上のToDoを全部紙に書き出すようにしたこと,

仕事中に業務にかかる時間をはかること,

とかそんな感じ.

 

睡眠のログを取ると自分が何時間くらい寝たいのかがぼんやり見えてくるので,

いつ寝たらいいかいつ起きたらいいかがわかる.(とはいえ足りてはいない.)

 

やらなきゃいけない仕事がたまってきても,

全部紙に書き出して確認するようにすれば,

片付ける順番を自分でコントロールできるし,

自分の頭の外に仕事を追い出せるので,

先々やらないといけないことを心配する必要もなくなって,

目の前の仕事以外のストレスに晒されることなく集中できる.

 

文字にすると当たり前じゃんと思うけど,

それをしないまま働き続けた結果1ヶ月前の日記みたいなことになったわけで...

 

 

 

少しずつスッキリ動けるようになってきたけど,

ここで仕事を頑張るとまた1ヶ月前の二の舞いになるので,

もう仕事は頑張らない.

今より仕事量を増やさずに,かかる時間や,受ける疲労を,

減らす方法を探すことに尽力したいなと思う.

 

 

ライフハックって「いい感じの予定をたててちゃんと行動する」系のものが多い.

思えば子供のころから予定をたてて行動したことがほとんどなくて,

なので「予定を立てる」系の能力値がほぼゼロ.

ライフハック実践するうえで結構致命的な気がするけど,

後天的に獲得できそうなのでまぁ大丈夫でしょう.

10日くらいやっただけで結構習慣になりそうな気がしてきた.

 

自然にこういうことできた人たちって何食って生きてきたんだろう.

 

自分の性格だと,

見つけた理想像をそのままコピーしようとして,

当然無理があるので案の定頓挫してしまい,

そこでふてくされて全部なかったことにしてしまう,

という行動パターンが多いんだけど,

「全部はコピーできないけどここはできてるからこのままいこうかね」って

考えられるようになった.気がする.

大人になったのか. 入院した効果か.

 

 

昔はライフハックに躍起になっている人をみて,

ライフハックに人生が侵されているな,

それじゃまるでライフファックだな,とか言ってほくそ笑んでいた.

そういえばそんなタイトルの本があったような気がする.

しかし過労で入院するようなこの有様で,

本当にライフをファックされてたのは俺の方だったってわけです.

何の話だ.

 

 

Wikipediaライフハックって調べるとなんかいい感じのことが書いてあったので,

どんどんライフハックして生きやすくなりたいもんです.